スマブラfor Wii Uの大会、及び定期対戦会の主催を始めます!

こんにちは、プレイヤーネーム「ライトニングいがらし」ことヒカルです!

 

タイトルにあるように、この度、東京の秋葉原スマブラfor Wii Uの大会、及び定期対戦会の主催を務めさせていただく事になりました!

 

今回はこの件の宣伝と、主催をするにあたっての想いを書きました。

 

 

目次
1.定期対戦会の概要と主催としてのコメント
2.スマブラに恩返しがしたい
3.僕にしか出来ないことを

 

 

1.定期対戦会の概要と主催としてのコメント

開催概要


・日時:毎週木曜 18:00〜翌朝5:00
(6月の開催日は1日、8日、15日、22日、29日です。)
・当日の状況により、多少変動致します。
・途中参加、途中退出は自由です。
・参加費:チャージ料1時間500円。ソフトドリンク飲み放題、カレー食べ放題付き。アルコールドリンクはすべて1杯500円
・場所:東京ゲームバー(東京都千代田区岩本町1-4-5 SAKURA’sビル1F)
・HP:http://gamebar-tokyo.com/
・TEL:03-5829-6464

 

参加方法
事前連絡や登録などは必要ないので、お好きな時間にお集まり下さい。途中退出もOK!皆様の参加をお待ちしてます!

 

【主催者コメント】

初心者から上級者まで、男性も女性も一堂に会し、楽しくスマブラをして、みんなで腕を磨いていこうというイベントです。


任天堂の主要キャラクターを中心に、様々なキャラクターが一堂に集うパーティ感とは別に、深い戦略と駆け引きを要する「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」。

ニンテンドー64の発売から長く愛され続けている対戦型アクションゲームで、今も大勢のプレイヤーで盛り上がってます。


「定期的にスマブラの対戦会の場が欲しい!」 という多くのスマブラーたちの心の叫びを実現するべく、この度「スマブラ for Wii Uの対戦会」を毎週木曜日に開催させていただく事となりました!

 

特別なルールなどはありませんが、参加人数が多い場合は交代でプレイし、みんながプレイ出来るように配慮をお願いします。


実力関係なく、みんなで一緒に楽しみませんか!? この対戦会で腕を磨き、スマブラ仲間をたくさん作りましょう!

 

主催 ライトニングいがらし

 

 

 

2.スマブラに恩返しがしたい

 

僕のスマブラへの想いやこれまでの関わり方については、この記事に書きました。

http://lightningigarashi.hatenablog.jp/entry/2017/03/30/203010

 


ただ、僕はスマブラ界を盛り上げる事に貢献したい!」とよく声に出してはいましたが、正直今出来ることってなんだろうという事まで、考えられていませんでした。

 

実力はせいぜい中堅上位。
知名度は平均レベル。
仕事の影響もあり、現状プレイ時間が多いモチベ勢とはとても言えません。

 

こんな理由から、声に出しながらも半ば諦めかけ、遠い未来の話のように思っていました。

 


そんな中、場所がしっかりしている「東京ゲームバー」さんを使わせていただくところから始めれば、今後自分が開きたい大きな大会をするノウハウを掴めたり、キッカケにする事も出来るのではないかと思うようになりました。


僕がしたい「スマブラへの恩返し」
強さだけでない価値を見出しつつ、スマブラやってて良かったな」という社会づくりをしていくキッカケにしていきます。

 

ただの"盛り上げ"という言葉から、具体的に一歩踏み出す事が出来る事を嬉しく思います。

 

 

 

3.僕にしか出来ないことを

 

主催をするにあたって、今の僕にしか出来ない事ってなんだろうという事を考えてみました。

 

それは、オフ大会によく参戦するスマブラーと、ゲームバーによく足を運ぶスマブラーの架け橋となる事ではないかと思いました。


僕は初対面の人と話す事にほとんど抵抗を感じません。
その為、初心者の輪の中にも溶け込みやすいです。


プロではないので、相手の方も構える必要がありません。

でも、ウメブラなどのオフ大会への出場機会は多い為、オフ大会によく参加するスマブラーにはある程度は顔を利かせる事が出来ます。

 


彼(彼女)らの橋渡し役を担い、

初心者には、まだ見ぬレベルのプレイと多くのスマブラーと出会い、スマブラの奥深い楽しさを。

 

中級者には、上級者から学び、初心者に教える事でより強くなる事の嬉しさを。

 

上級者には、他のスマブラーから必要とされ、強くなる事以外でも価値を感じる喜びを。

 

それぞれ体感していただけるように取り組もうと思っています。

 


毎週、終日滞在出来る訳ではありませんが、僕が主催を務める事の意味を日々考えながら、参加する方により楽しんでいただけるようにします。

 

よろしくお願いします!